【ドラッグストアのバイト】男女比はまさかの〇:〇?!

ふー(管理人)
ふー(管理人)
腰痛をこじらせ気味の管理人、ふーです。

ドラッグストアの男女比、気になりますか?

2つの店舗を経験している私が、男女比はどうなっているのかお答えしましょう!

【ドラッグストアのバイト】オープニングスタッフが狙い目な理由!

ドラッグストアのバイトも社割OK!”年間1万円”オトクに?!

この記事で分かる事
  • ドラッグストアのバイトの男女比は?
  • 性別によって変わる勤務内容とは?
  • 「男ばかり」「女ばかり」が心配な人への話

 

ドラッグストアのバイトの男女比

男女比はまさかの「5:5」

男女比、気になりますよね。

「男ばっかり」も「女ばっかり」も、色々な意味でキツいものです。

どのドラッグストアも、開店から閉店までの人員を見てみると時間的にムラはありますが、最終的に5:5になる事が多く、それにはきちんとした理由があります。


🔶開店~昼はほぼ女性で9:1


  • 介護の事や赤ちゃん用品の事で「声をかけやすい店員」として強いのはやはり「主婦」
  • 化粧品などの対応もある為、なんとなく知識のある「女性」が居ると重宝する
  • 「子供が学校から帰ってくる時間には退勤したい」という主婦が多い

もちろん、男性でも声をかけやすい店員は居ますし、化粧品に詳しい男性店員だって居ます(^^)

でも一般的に、特に赤ちゃん用品なんかは「女性店員」の方が声をかけやすいという心理がありますよね。

何よりも、子供がいる主婦は「子供が学校から帰ってくる前に仕事を終えたい」と思っている場合が多く、その時間帯が大体朝9時~15時という時間。

必然的に、開店~昼までの時間帯に働きたいという場合が多いわけです。

辞める人が少ない時間帯なので、ベテラン勢も多い為に店内の色々な事に詳しい人も多く、割と安心して働ける時間帯でもあります(^^)

まぁ、学生さんが長期休みに入る時期になるとまた、様子が変わってきますけどね(^^)


🔶昼~夕方は半々で5:5


  • 授業時間が一定しない大学生が出勤
  • 子供が手を離れた主婦層が家事を終えて出勤
  • 「発注」「品出し」がメインの時間帯なので、人数は多め

昼~夕方は一番男女比のバランスがとれた時間帯です。

大学生は大体この時間帯~夜間まで居る事が多いので、ドラッグストアのバイトを探している方は目安にするといいでしょう(^^)

開店~昼は「買い物客の対応」で忙しいですが、昼~夕方はそれに加えて「その他の雑務」で忙しい時間帯。

やらなければならない事がたくさんあるのに、レジに呼ばれたり…と一番バタバタする時間なので、それなりに人数を確保している場合が多いです。

男女比はちょうど5:5。

大学生は割と単調な仕事になりますが、難しい事を要求される事はないのでその点では安心して働けると言えますね(^^)


🔶夕方から夜間ほぼ男性で8:2


  • 学校が終わった高校生が出勤
  • 高校生(18歳未満)は22時までしか働けない
  • 最後まで居るのはほぼ大学生&フリーター

夕方には、学校を終えた高校生が出勤してきます。

しかし高校生は18歳未満の場合22時までしか働けませんから、大体21時45分辺りに退勤していく事が多く、そこから閉店までは大学生とフリーターが残る、という感じです。

男女比としては、女性が2割といったところですね。

夜間のアルバイトはやはり、帰り道などに危険が伴う為、特に高校生の場合は親に心配されるという話もよく聞きますのでそのせいもあると思います。

スーパーなどに比べると、夜遅くにドラッグストアへ買い物に来る人はあまりいません。

しかし暇なのかというと、そうでもないんです…。

品出しを終えた後は店内のメンテナンスに当たる事が多く、それでも特売前などはPOP貼りや広告貼りなどで結構忙しいんです(;^ω^)

しかし、この時間帯は「同じくらいの年齢の人たち」が集まる傾向にあるので、和気あいあいと楽しく仕事をしているという話をよく聞きますよ(n*´ω`*n)

「男女比」と「働きやすさ」は関係があるのか

「同性だから働きやすい」は嘘

ドラッグストアのバイトの男女比は5:5ですから当てはまらないのですが、よく求人で、「女性(男性)ばかりの職場なので働きやすいですよ♪」などという文句を見かけませんか?

正直そうとは限らないですよね(;^ω^)

こんな研究があるのですが、とても興味深いです…。

ドイツの大学で学ぶ223人の白人女性(平均年齢23歳)に、採用の一次選考担当者になったつもりで、ランダムに割り当てられた履歴書を読んで10段階で評価してもらった。それとは別に、その応募者と「いっしょに働きたいか」「友だちになりたいか」と、応募者の魅力度をやはり10段階で答えさせた。

引用:PRESIDENT WOMAN

引用:PRESIDENT WOMAN

女性のイメージを悪くしてしまいそうですが(;^ω^)

「魅力のない女性応募者」に対する評価が6.56なのに対して、「魅力のある女性応募者」に対する評価が5.92となっていますよね。

女性の被験者は魅力的な男性の応募者を高く評価する一方、魅力的な女性の応募者を魅力のない女性の応募者よりずっと低く評価した。

さらには、魅力的な男性の応募者と同じ職場で働きたいと思い、魅力的な女性の応募者とはそう思っていなかった。

引用:PRESIDENT WOMAN

いえ、もちろんこれは「ひとつの実験」ですから、どの企業でもこうなるという事ではありません。

しかし、「女性ばかりだから働きやすい」と言う誘い文句の求人には、なんの信ぴょう性もない事を知っておいた方がいいと思います。

Twitterでも結構、論争が起きていますよね。

逆に、男女比がほぼ5:5であるドラッグストアでのバイトは、男性の意見に偏ったり女性の意見に偏ったりする事があまりないので、くだらない論争に巻き込まれる事もありません。

もちろん、なんらかの理由で自分と異なる性別に対しての恐怖や嫌悪感がある場合はこの限りではありませんが、世の中に存在するものはなるべく、半々になった方がうまくいくように出来ているんでしょうね(^^)

「同性」でも「異性」でも性格による

こんな事言ったらミもフタもないんですが笑

初対面の時の「話しかけやすさ」は確かに、同性の方があるのかもしれません。

しかし一緒に働いていく中で、「同性だから仕事がしやすい」という事は無いように思います。

 

あなたがドラッグストアのアルバイトを探す際に、お店の男女比が気になるとしたらその理由は何でしょうか?

 

「人間関係、うまくやっていけるかな」という事に尽きますよね。

「女性がたくさんいる職場は嫌だな」とか「男性ばかりの職場は嫌だな」と感じるあなた、同性の「嫌な奴」にあった事は無いのですか?

先程の表にもありましたが、人間は「同性で、自分よりも優秀そうな人」の評価を落としたがる傾向にあります(悲しい事ですが…)。

 

そう考えると、「同性」だとか「異性」だとかいうフワフワしたものに自分の「やりたいアルバイト」を決断されてしまうなんて、悔しいと思いませんか?

 

残念ながら嫌な奴はどこにでもいます。

でも、それは「性別」から来るものではないという事を覚えておいてくださいね(^^)

まだ人間関係が出来上がる前の、「オープニングスタッフとして働く」という手もありますよ!

ドラッグストアのバイトの男女比から見る仕事内容

男性は力仕事・女性は細かい作業

性別によって仕事が分担されるというのは、このご時世でどうかなとは思いますが(;^ω^)

肉体的な問題として、やはり「重い物」を持てる男性が力仕事をする事は理に適っていますよね。

でも、腕自慢の女性が居るなら、もちろんその方は力仕事をしたらいいわけです。

逆に「細かい作業」であるPOP作成や、商品の包装などは女性の方が慣れている傾向にありますが、もちろんこれも、得意な男性が居るならその方は細かい作業をした方がいいです。

 

あくまで「向いている傾向にある」というだけで、力の弱い男性が無理に力仕事をする必要はなく、細かい作業が苦手な女性があえて包装作業なんてする必要はないわけです。

私の経験からいくと、腕がもげるんじゃないかと思うほどの荷物(主に飲料ですね)を持つ事がありますし、お客さんに頼まれてプレゼント包装をする事もあります。

みんなオールマイティーにこなせばいいと思うのですが、その中でも「得意な事をのばせたらいいよね」という話なわけです。

 

正社員として働いていくなら苦手な事もある程度克服する必要があるのでしょうが、アルバイトですから、自分の得意分野をそれぞれ生かしていく事が、良いお店作りにつながるのです(^^♪

まとめ:ドラッグストアのバイトの男女比は理に適っている

🚩開店~昼は9:1で女性

🚩昼~夕方は5:5で半々

🚩夕方~閉店は8:2で男性

🚩総合的にみて「5:5」

🚩「働きやすさ」と「男女比」は関係ない

🚩性別により仕事が分担されがち

男性が多いのか?女性が多いのか?という事は、仕事を探す上でのひとつの指標となるのは仕方のない事。

しかしそこに囚われ過ぎると、不自由な思いをするのは自分です。

同性であろうが異性であろうが、嫌な奴はどこにでも居ますし、そんな奴らの為に自分自身の道を左右されてしまうのは悔しい事。

ドラッグストアのバイトの男女比は女性の方が多いと思われがちですが、総合的に見たらちょうど5:5の半々ですから、時間帯によって「適材適所」を実行しているわけです。

あなたがもし、ドラッグストアでバイトをしてみようかと思っているなら、自分の勤務出来る時間とじっくり相談してみてください。

「男女比」なんかに左右されず、最高のバイト仲間をみつけてくださいね(^^♪